脊柱管狭窄症とは

脊柱管狭窄症とは原因はさまざまですが、加齢による変性が大半を占めています。

加齢などにより神経の通り道が狭くなり神経を圧迫してしまうことで、臀部や下肢に痺れなどが起きてしまう症状です。

主に中高年に多く、第4、5腰椎、ついで頚部に好発します。

身体を仰反る姿勢などをとると、神経の圧迫が強くなるため症状が強く起きます。

その為、長時間の歩行は厳しく痺れなどにより歩行が困難となりますが、一時的に前屈みで休むと症状が消失して再び歩ける、間欠性歩行が特徴的です。

脊柱管狭窄症でお悩みの方は宮崎市のTRIGGERへ

脊柱管狭窄症は、加齢による変性が多いため、変性した部分が神経を圧迫しないようにする必要があります。

その為、当院の施術では背中の筋肉の緊張をなるべくとり、仰反る姿勢に自然とならないような身体作りを目指していきます。

当院では国家資格保有の柔道整復師が在籍しており、脊柱管狭窄症の施術も行うことが出来ます。

また、併設するパーソナルジムでインナーマッスルを鍛えて、普段の生活が楽になるようなサポートをさせて頂きます。

脊柱管狭窄症でお悩みの方は宮崎市のTRIGGERパーソナルジム+整体院へご相談ください。

カレンダー

2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
PAGE TOP