坐骨神経痛の原因

坐骨神経痛は以下のような原因で起こります。

・神経を圧迫することで起きる「腰椎椎間板ヘルニア」
・股関節を動かす筋肉が坐骨神経を圧迫し起きる「梨状筋症候群」
・主に加齢が原因の腰椎の形が変形して神経を圧迫して起きる「変形性腰椎症」

坐骨神経は腰から脚にかけて伸びている末梢神経で、主に腰椎の異常によって坐骨神経が圧迫されたり刺激を受けたりすることが原因で起こります。過度な運動や運動不足が原因で発症することもありますが、若い世代の方は腰椎椎間板ヘルニアや梨状筋症候群など、高齢者は腰部脊柱管狭窄や腰椎椎間板ヘルニアが原因になるケースが多いです。

坐骨神経痛を発症すると張りや灼熱感、締め付け感を感じる症状もあります。坐骨神経は末梢神経の中でも非常に長い神経なので、様々な場所に症状が現れるのが特徴で、足全体に症状が出る場合もあれば特定の部位のみに症状が現れることもあります。痛みが強い代表的な場所は坐骨神経が通る、「臀部」「もも裏」「すね」「ふくらはぎ」が多いです。

症状が強い方ですと「足が床につけない」など坐骨神経の通る道が鮮明に痛む場合もあります。

坐骨神経痛でお悩みの方は宮崎市のTRIGGERへ

宮崎市のTRIGGER 整体院では坐骨神経痛に対して独自の方法で施術していきます。

骨盤のバランスの悪さでお尻周りの筋肉が張り、坐骨神経を圧迫するため、坐骨神経の上を押していくと、筋肉が張っており痛みが出ます。

ほとんどの場合左右どちらかが悪くなります。悪い側の太ももやふくらはぎを後ろ側から触ると、反対の足とは筋肉の張りや硬さの違いが分かります。

最初腰の左右どちらかの張りが強くなり、悪くなるにつれ、筋肉の張りや硬さが段々でん部、太もも、ふくらはぎと下に広がっていきます。

この筋肉の張りや硬さを緩める施術を行うと、痛みやしびれが軽減していき楽になっていきます。
坐骨神経痛は一度出てしまうと厄介な症状ですのでお早めの施術をお勧めします。

施術のみならず。当院併設のトレーニングジムで宅トレなども伝授します。

宮崎市で坐骨神経痛でお悩みの方はTRIGGER パーソナルジム+整体院へご相談くださいませ。  

カレンダー

2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
PAGE TOP