オスグッド病について

成長期の子どもに起きやすく、特に飛んだり、跳ねたり、スポーツを行う子に多い症状です。

症状が出る原因として、太もも前面にある大腿四頭筋が成長しきっていない膝のお皿の下の骨の部分を引っ張りすぎることで成長軟骨が剥離し、痛みや腫れが出てしまいます。

成長痛と呼ばれておりますが成長期に多いだけでならない子もいます。メカニズムとして、骨の成長に筋肉の柔軟性が追いついておらず症状を引き起こしています。なのでしっかり太もも全面の柔軟性を取り戻すことができれば痛みは自然と消えてくれます。

放置しすぎると、成長を妨げる要因となりますので早めの施術が大切になってきます。

オスグッドでお悩みの方は宮崎市のTRIGGERへ

当院では国家資格保有の柔道整復師が在籍しておりスポーツ障害にも対応が可能です。

スポーツが出来ずに復帰までどのような期間がいるのかも、専門のトレーナーが復帰までのプログラムを計画して、スポーツ復帰まで手厚くサポートさせて頂きます。

是非一度オスグッドでお悩みの方は宮崎市のTRIGGERへご相談くださいませ。

カレンダー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
PAGE TOP